メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 「要支援1、2」向け事業、市区町村に移行 「担い手」確保へ試行錯誤

庭の草取りをする、ボランティア団体「どんぐりの会」の奥山哲夫さん=八王子市内で

 医療・介護の同時報酬改定と並行し2018年度に向けては、医療計画・介護保険事業計画の見直しや、全自治体での実施を目指すさまざまな取り組みが進んでいる。その一つが「要支援1、2」の軽度の人向けの訪問介護と通所介護を全国一律のサービスから市区町村の事業に移行した「総合事業」だ。介護資格を持たない住民も新たに担い手に位置付けたが、確保に悩む自治体は多い。【細川貴代】

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文1957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです