メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
家族・仕事の全国調査

どんな政策で出生率UP? 今月から東大実施

 どのような政策が、女性の労働と結婚・出産の両方を促進するのに効果があるのか。こうした課題に答えるための「家族・出生・仕事に関する全国調査」が今月から始まる。調査結果から、政策が出生率に与える影響について具体的な数値で示すことが期待される。

 調査は東京大学大学院経済学研究科の研究チーム(代表・市村英彦教授)が全国の18~49歳の男女8000人を対象に郵送・訪問方式で実施する。

 対象者に理想の子供数や現在の所得、健康状態、家族状況などを聞いた上で、児童手当を中学卒業まで年50…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文617文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです