メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 高プロ、再び法案化の流れ 残業上限規制こそ急務=ワーク・ライフバランス社長・小室淑恵

 働き方改革に関して、今回の解散総選挙は大きな節目となった。というのも2015年に一度国会に提出されたものの、「残業代ゼロ法案」とたたかれ、一度も審議されることなくたなざらしになっていた「高度プロフェッショナル(高プロ)制度」(高収入の一部専門職を労働時間規制から外す制度)が解散により正式に廃案になったからだ。

 ここからの流れを、私たち国民は目を凝らして見ていかなくてはならない。今年3月、政府の「働き方改革実現会議」は、罰則付きで残業時間の上限規制を導入する「実行計画」を決定した。この上限規制は、高プロ制度と一体化し国会に提出する準備が進められていた。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです