メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手連盟

組手、3階級案まとまる 東京五輪向け提案

 世界空手連盟(WKF)の奈蔵稔久事務総長は7日、東京都内で記者会見して、2020年東京五輪で実施される組手の男女各3階級の案を明らかにした。現行の各5階級のうち、男子は75キロ級、女子は61キロ級のみを残し、男女とも軽量級の2階級は重い方の階級に統一。残りは体重制限のない重量級とした。来年2月にも国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で承認を受け、最終決定する。

 具体的には男子は現行の60キロ、67キロ、75キロ、84キロ、84キロ超級を67キロ、75キロ、75キロ超級に変更。女子は50キロ、55キロ、61キロ、68キロ、68キロ超級を55キロ、61キロ、61キロ超級とした。組手はどちらが先に相手に突きや蹴りを決めるかを競う競技。奈蔵事務総長は重さの異なる階級を統一した点について「柔道やレスリングと違って体重をそのままぶつける競技ではないので、体重の差の…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです