メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

首相「保育無償化」うそか 選挙後に一転、認可外は対象外方針 格差拡大、親ら反発

 <access>

 安倍晋三首相は衆院選で「幼児教育・保育を無償化します」と力説した。ところが与党圧勝からわずか2週間後、認可外保育施設を無償化の対象外とする政府方針が浮上。保護者たちから怒りと落胆の声があふれ出している。首相の「すべての子供たちに」という言葉はうそだったのか。【中村かさね、太田圭介】

 <ちーがーうーだーろー!>。待機児童問題に取り組む市民グループに参加する東京都世田谷区の男性(41…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1223文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです