メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の党

玉木、大串氏が立候補届け出 共同代表選・告示

玉木雄一郎氏
大串博志氏

 希望の党の初の共同代表選が8日午前に告示され、玉木雄一郎(48)、大串博志(52)両衆院議員が立候補を届け出た。10日に選出される。分裂した立憲民主党や民進党との野党連携や憲法改正を目指す安倍政権へのスタンスなどが争点だが、小池百合子代表(東京都知事)の求心力が低下する中、党の結束を図れるかも課題になる。

 玉木氏は香川2区選出、当選4回。昨年の民進党代表選に立候補し、蓮舫氏に敗れた。共同代表選では若手議員のほか、安全保障関連法を容認する細野豪志元環境相ら結党メンバーが支援。野党連携は個別の政策などで判断するとし、改憲は「9条も含めて議論すればいい」としている。

 大串氏は佐賀2区選出、当選5回。旧民主党政権で首相補佐官などを務めた。民進合流組の中堅議員らの支援を受け、立憲を含めた統一会派結成も視野に入れて野党の連携を重視。憲法9条改正には否定的で、安保関連法も「容認しない」と明言している。

 玉木、大串両氏は8日午後に共同で記者会見する。ただ両氏の主張には隔たりも大きく、共同代表選の結果次第では党が分裂含みになる可能性もある。泉健太衆院議員(43)と渡辺周元副防衛相(55)は出馬を断念した。共同代表は小池代表を補佐して国会議員を率いる。10日の両院議員総会で、所属国会議員53人が投票して選出する。【光田宗義、樋口淳也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです