TPP11

閣僚会合が始まる 大筋合意へ調整本格化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ダナン(ベトナム中部)赤間清広】米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は8日午前、ベトナム・ダナンで閣僚会合を開き、11カ国による協定「TPP11」の大筋合意に向けた政治レベルの交渉に入った。

 ダナンでは10、11日にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催され、安倍晋三首相らTPP11首脳が顔をそろえる予定。今回のTPP閣僚会合で共同議長を務める日本とベトナムは、APEC開催中にTPP11の大筋合意にもちこみたい考えだ。

 8日午前の閣僚会合は朝食会形式だったため、各国の立場表明にとどまったとみられる。共同議長を務める茂木敏充経済再生担当相は、閣僚会合後も関係国との2国間交渉を重ね、大筋合意に向けた調整を本格化させた。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集