メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台

障害者出演、演劇に革命を…「夏の夜の夢」上演へ

本番に向け、稽古に取り組む俳優たち=東京都豊島区の雑司が谷地域文化創造館で

 聴覚や視覚、小人症などさまざまな障害を持つ俳優が出演するミュージカルが今月下旬、東京都豊島区で上演される。2020年の東京パラリンピックを控え、障害者スポーツに光が当たる中、将来の夢は障害を抱える俳優が集まった劇団作り。主宰する聴覚障害者の女性は「新しいスタイルの演劇で芸術面でも革命を起こせたら」と意気込む。

     「声のボリュームを落とす代わりに体で表現して」。同区内であった10月下旬の稽古(けいこ)で、演出家の野崎美子さんがてきぱきと指示を出した。そのそばには手話通訳者。声が聞こえない俳優もいるからだ。

     プロデューサーは聴覚障害者の女優、大橋ひろえさん(46)。05年から「サインアートプロジェクト・アジアン」代表として、聴覚障害がある人とない人が一緒に演じる劇に取り組み、「音が聞こえない人も舞台で活躍できる」とのメッセージを発信してきた。今回の演目はシェークスピア原作のミュージカル「夏の夜の夢」。聴覚だけでなくさまざまな障害者が演じる舞台を初めて手がける。

     出演者約25人のうち障害者は、点字の台本でせりふを覚える視覚障害者のウォルフィー佐野さん(46)ら7人。小人症の野澤健さん(33)は車いすで踊るといい、「観客が驚くような演出もある」と笑う。

     大橋さんは「パラリンピックで障害者にスポットライトが当たると思うが、大事なのは終わった後」と話し、今回のような舞台が演劇界に影響を与えていくことを期待する。

     上演は22~26日、「あうるすぽっと(区立舞台芸術交流センター)」で、チケットは一般5000円(前売り4500円)、シニア・学生4000円(同3500円)。聴覚障害者も楽しめるよう字幕や手話を取り入れ、視覚障害者向けのサポートもある。問い合わせは制作会社(03・5912・0840=平日11~18時)。【篠崎真理子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
    3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
    4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
    5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです