メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

民営バス道険し…借金清算で再出発、厳しい利用増

大阪市営地下鉄・バス事業民営化後の姿

 大阪市営地下鉄の民営化(2018年4月)に合わせ、90年の歴史があるバスも市営でなくなる。廃止される市交通局は、バス事業が抱える700億円近い負債のうち貸付金・出資金計約502億円の債権を放棄。残りも優良事業の地下鉄が負担して新会社に引き継がず、身ぎれいにして再出発する算段だが、人口減少などで都市部のバス事業の展望は見通せないのが実情だ。【岡崎大輔】

 市営バスは1927年開業で総営業距離は441キロ(16年3月末)。民営化基本方針では市交通局が現在100%株を保有する大阪シティバス株式会社に全路線を譲渡し、地下鉄新会社と市が一定割合で株を保有する。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです