機能性表示食品

「飲むだけで痩せる」はNG 消費者庁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

「運動と食事制限」条件示さずに効果強調は「行き過ぎ」と

 脂肪を減らす効果があるとされるクズの花由来のイソフラボンを含む機能性表示食品を巡り、消費者庁は7日、商品を摂取しただけで痩せるかのような広告は、景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、計16社に対し再発防止を求める措置命令を出した。2015年に始まった機能性表示食品に対する命令は初めて。

 対象は、太田胃散「葛の花イソフラボンウエストサポート茶」▽ニッセン「メディスリム」▽スギ薬局「葛の花プレミアム青汁」--など、16社が販売する錠剤や粉末茶タイプの計19商品。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文627文字)

あわせて読みたい

ニュース特集