香川県立文書館

歴史公文書が破棄対象 1万5000冊

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
多数の公文書が廃棄対象となった香川県立文書館=渡辺暢撮影
多数の公文書が廃棄対象となった香川県立文書館=渡辺暢撮影

「特定歴史公文書には当たらない」

 香川県立文書館(高松市)に保管される歴史公文書約2万6000冊のうち、約1万5000冊が、県条例に基づき「廃棄」扱いにされていることが分かった。「将来的に評価が上がる可能性がある」と懸念した専門職員の機転で保管を継続しているが、市民が閲覧できない状態になっている。識者は「公文書を守るための条例なのに、専門知識のある職員が残すべきだと考える歴史公文書を残せないのはおかしい」と指摘する。

 香川県は公文書管理法施行(2011年)を受け、13年に県公文書管理条例を制定。県の行政文書は保存期間(内容に応じ1年未満~30年間)満了後、「歴史資料として重要」と判断されたものは特定歴史公文書として文書館に移管し、それ以外は廃棄しなければならないと定めた。

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1581文字)

あわせて読みたい

注目の特集