メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

海底熱水鉱床 水深1600メートルで採掘・揚鉱に成功

海洋資源調査船「白嶺」。後部からは集鉱試験機が海中に降ろされようとしている=経済産業省提供

世界初 商業化へ高まる期待 課題は資源量やコスト

 日本は全国各地に温泉が湧き出るが、海底にも同じように熱水を噴出する場所がある。その中には豊富な金属資源が眠る「海底熱水鉱床」があるという。これまでは深海からの大量の鉱物の引き揚げは困難とされてきたが、今年夏、経済産業省が主導した試験で世界で初めて海底熱水鉱床から洋上への連続的揚鉱に成功した。海底鉱物資源獲得への一歩となるのか。商業化への期待が高まる。

 海底熱水鉱床は、海底のマグマ活動のある場所にしみこんだ海水が熱せられ、金属成分を伴って噴出すること…

この記事は有料記事です。

残り2339文字(全文2590文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです