メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

定年延長 19年度から国家公務員65歳へ

国家公務員の定年延長に向け、制度設計が始まったが……。写真は東京・霞が関の官庁街

賃金、待遇の在り方は? 改正法案づくり始まる

 公務員の定年を65歳に延長するための具体的な作業が政府部内で始まった。来年の通常国会に国家公務員法の改正案を提出し、現在60歳となっている定年を2019年度から段階的に引き上げていくという。65歳までの雇用義務がある民間では、給与が大幅に減額となる再雇用を採用している企業が大半を占める。公務員の定年延長を機に、民間企業への波及を期待する向きもある。しかし、60歳以降の公務員の賃金や待遇が、民間よりさらに遇されるなら、国民の反発は必至だ。19年夏には参院選が予定されており、政府・与党は慎重な検討が必要だ。

 高齢者雇用安定法は民間企業に対し、65歳までの雇用確保を義務づけ、定年廃止か定年延長、再雇用のいず…

この記事は有料記事です。

残り2165文字(全文2492文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです