メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

毎日新聞社の音声ニュースが「Amazon Alexa」に対応開始

株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏、以下毎日新聞)は、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応する音声ニュースを提供開始します。音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「Amazon Echo」に「アレクサ、毎日新聞のニュース」と話しかけるだけで、毎日新聞の音声ニュースを聴く事ができるようになります。なお、本サービスはAlexa Echoの出荷開始より順次、提供を開始します。

    ■サービスの概要

    毎日新聞社の最新ニュースを5本配信。更新は一時間ごとに行います。Amazon Echoに「アレクサ、毎日新聞のニュース」と話しかけるだけで、最新ニュースを音声聴く事ができます。朝の忙しい時間帯や、家事などで手がふさがっている時、オフィス、寝室など、あらゆる空間でいつでも音声ニュースをお楽しみいただけます。

    ■Alexaとは

    Alexa – Amazon Echoを支える頭脳

    Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

    ■Echoとは

    Amazon Echo – ハンズフリーで利用が可能、いつでも待機、直ぐに反応

    Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

    ■本件に関するお問い合わせ

    毎日新聞社デジタルメディア局

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

    5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです