メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

サッカー 欧州遠征、悩めるハリル=斉藤雅春

 サッカー日本代表のハリルホジッチ監督の旅はしばらく続きそうだ。旅といっても、一時期はやった自分探しのそれではない。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に備え、相手に激しく食らいつき、チャンスには全力で駆け上がる選手、苦しい時こそ戦える選手。言い換えれば、自分が好む選手を探す旅だ。

 欧州遠征中の日本代表は10日にブラジル(世界2位)、14日(日本時間15日)にはベルギー(世界5位)と戦う。欧州のトップクラブでレギュラーをはる選手がきら星のごとく並ぶ2カ国。「10回やって1回勝てるかもしれない。その1回にしたい」と監督は言う。ブラジルとは過去11戦で2分け9敗。得失点差はなんとマイナス27。日本の得点はわずか計4点にとどまる。

 強豪とのめったにない対戦のチャンスにベストメンバーで臨みたいところだが、指揮官の頭の中に、まだベス…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです