メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

サッカー 欧州遠征、悩めるハリル=斉藤雅春

 サッカー日本代表のハリルホジッチ監督の旅はしばらく続きそうだ。旅といっても、一時期はやった自分探しのそれではない。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に備え、相手に激しく食らいつき、チャンスには全力で駆け上がる選手、苦しい時こそ戦える選手。言い換えれば、自分が好む選手を探す旅だ。

 欧州遠征中の日本代表は10日にブラジル(世界2位)、14日(日本時間15日)にはベルギー(世界5位)と戦う。欧州のトップクラブでレギュラーをはる選手がきら星のごとく並ぶ2カ国。「10回やって1回勝てるかもしれない。その1回にしたい」と監督は言う。ブラジルとは過去11戦で2分け9敗。得失点差はなんとマイナス27。日本の得点はわずか計4点にとどまる。

 強豪とのめったにない対戦のチャンスにベストメンバーで臨みたいところだが、指揮官の頭の中に、まだベストがない。本田(パチューカ)、香川(ドルトムント)、岡崎(レスター)を呼ばなかったのも他の選手をテストするため。相手がどこであろうと、あくまでも選手を見極める機会なのだ。対戦を楽しんでいる余裕はない。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです