メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

くぼたのぞみさん(翻訳家) 読者試す真実の曖昧さ クッツェー第1作を新訳

クッツェーのデビュー作『ダスクランズ』を邦訳した翻訳家のくぼたのぞみさん=東京都内で、鶴谷真撮影

 南アフリカ出身、オーストラリア在住の作家で、2003年にノーベル文学賞を受賞したJ・M・クッツェーさん(1940年生まれ)の強烈なデビュー小説の新訳が刊行された。「夕暮れ、たそがれの地」を意味するタイトルながら、暴力と思弁の嵐が吹き荒れる『ダスクランズ』(人文書院)だ。

 「注意深く読み込み、練り上げた言葉で、かつ軽やかに訳す」と自らに課して挑んだ翻訳家、くぼたのぞみさんは「デビュー作には作家のすべてが詰まっていると言われるが、まさにその通り」と、作為ではない勢いに圧倒され続けたという。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです