メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サロン・デ・ボザール展

梅津さん夫婦がイラスト初出展 仏・ルーブル美術館で来月開催 /新潟

ルーブル美術館に持ち込む作品と梅津さん夫婦=糸魚川市で

糸魚川に移住、アトリエ構え 人々の縁、絆への思い描く

 日本百名山の一つ、雨飾山のふもとに広がる根知谷の糸魚川市和泉に、イラストレーター、梅津諭さん(36)、和枝さん(31)夫婦が今年4月、愛知県から移住し、アトリエを構えた。2人は12月、フランス・パリのルーブル美術館で開かれるサロン・デ・ボザール展に、イラスト作品を初めて出展する。作品は人々の縁や博愛、平和の願いを描いたもので、タイトルは「en」。最高の金賞を目指すと意気込む諭さんは作品を通して、「空気のように気付かない平和やふれあいを改めて感じてほしい」と訴えている。

 梅津さんの元に、「city(街のにぎわい)」をテーマに、主催者側から出展依頼が舞い込んだのは今年6…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1165文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです