メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食・毎日農業記録賞

一般部門 奨励賞に土田さん(野々市) 闘病生活乗り越え /石川

安井ファームのビニールハウスで、育てている野菜を紹介する土田龍之介さん=石川県白山市で、石川将来撮影

 農業や食、環境への思いや体験、提言をつづる第45回毎日農業記録賞(毎日新聞社主催、農林水産省・県・県教委など後援、JA全中など協賛)の受賞者が8日発表され、県内では野々市市の会社員、土田龍之介さん(28)の「舞台裏から挑む農業」が一般部門の奨励賞に選ばれた。喜びの声を聞いた。【石川将来】

 「苦労が報われたね」。受賞の知らせに、昨年7月に結婚した妻の菜(なの)さん(28)と抱き合って喜んだ。3年半前に精巣がんが発覚し、両精巣を摘出。受賞作は、つらい闘病生活を経て農業との関わり方を見つめ直す過程を振り返った。

 「体力には自信があった」。作品はそんな一文で始まる。金沢市出身。北海道にキャンパスがある東京農業大を卒業後、道内の農業法人で農作業に明け暮れた。早朝から豚の世話をしたり、収穫した野菜をコンテナに積んでトラクターに運び入れるなど、忙しくも充実した日々だった。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです