松阪新電力

設立 市が3000万円節約 来年3月送電へ /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松阪新電力会社の設立を発表する竹上真人市長(左)=松阪市本町で
松阪新電力会社の設立を発表する竹上真人市長(左)=松阪市本町で

 松阪市は8日、再生可能エネルギーの効率的な地域循環と公共施設の電気料削減を目的とした「松阪新電力株式会社」の設立を発表した。来年3月に送電を開始する予定。地方自治体が小売り電気事業に乗り出すのは東海3県では初めて。

 松阪市が51・1%、東邦ガス(名古屋市)が39・8%、第三銀行(松阪市)、三重信用金庫(同)が各4・5%出資。東邦ガス三重支店長の大津光浩氏が代表取締役…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

ニュース特集