メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しが☆スポ

プロバスケットボールBリーグ1部 レイクス猛反撃 3位へ 6連敗→6勝7敗 今週末、島根戦 /滋賀

2点シュートを決めるディオール・フィッシャー選手=大津市のウカルちゃんアリーナで2017年10月25日、森野俊撮影

フィッシャー選手「毎試合プレーオフの気合で」

 プロバスケットボールBリーグ1部(B1)の滋賀レイクスターズ(レイクス)は、今季の序盤で6連敗したものの、直近6試合では5勝1敗と巻き返し。6勝7敗(6日現在)で西地区3位と首位琉球に2ゲーム差に迫っている。今季から就任したショーン・デニスヘッドコーチ(HC)=オーストラリア=の目指す「全員プレー」が浸透しつつある。

 デニスHCは開幕前から、特定の選手に頼らず、40分間の試合中、常に動き続けることや激しい守備を要求…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです