メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹後ちりめん

パリコレ進出 自信深める若手職人 地域活性化へ意欲 /京都

丹後ちりめんを使ったパリコレ出展のドレスを紹介する安田章二さん=京都市下京区の京都高島屋で、礒野健一撮影

 約300年の歴史を持つ「丹後ちりめん」の魅力を伝える展覧会が5日まで、京都高島屋(京都市下京区)で開かれた。今年1月のパリコレに出展した丹後ちりめん生地のドレス5点のほか、京丹後市や与謝野町などの20工房の新作を陳列。若者や海外も視野に入れた商品開発を手掛ける若手職人のチーム「TANGO+」は「丹後地域全体の活性化にもつなげていきたい」と意欲をみせていた。

 丹後地域は着物の生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地だが、生産量は1973年の920万反をピ…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文617文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ロケ地カード 製作へ 宇都宮など北関東4市共同 /栃木
  5. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです