メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島の今

知事選2017/中 平和 国際研究機関と連携 「県民の声反映を」の声も /広島

「ひろしまラウンドテーブル」で核軍縮について意見を交わす専門家ら=広島市南区で、竹内麻子撮影

 72回目の原爆の日を前にした今年8月1、2両日、南区に各国の専門家が集まり、核軍縮について意見を交わした。2013年から毎年開催されている県主催の会議「ひろしまラウンドテーブル」。県が今年協定を結んだ国連軍縮研究所(UNIDIR)やストックホルム国際平和研究所(SIPRI)からも研究者が初めて参加し、核保有国や「核の傘」に依存する国を招いた会議を広島で開くことなどが提案された。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文932文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです