メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴールデンレトリバー

「オルフ」、盲導犬目指し街で訓練 安佐北区の施設から週5回 /広島

訓練中のオルフ。視覚障害者は音の反響や路面の感触でどこを歩いているかを判断している=広島市南区のJR広島駅で、山田尚弘撮影

 「ストレート・ゴー」。雄のゴールデンレトリバー「オルフ」(1歳)は、日本盲導犬協会「島根あさひ訓練センター」(島根県浜田市)の訓練士、吉沢聡さん(44)の言葉で雑踏の中を真っすぐに歩き出した。吉沢さんは「犬の判断で、混雑具合や障害物の有無によって遠回りすることもある」と説明する。

 オルフは盲導犬になる前の訓練犬で、普段は安佐北区にある施設で暮らす。視覚障害者に曲がり角や段差、障害物を教える仕事を覚えるため、…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです