メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

行政文書管理ガイドライン改正案 残せるか「不都合な事実」 「保存1年未満」対象を限定

公文書管理委員会の冒頭であいさつする梶山弘志・担当相(左から3人目)ら= 東京都千代田区霞が関3の内閣府中央合同庁舎4号館で、2017年11月8日午後4時44分、川名壮志撮影

 森友・加計学園や陸上自衛隊の日報の問題でずさんだと批判されたのを受け、行政機関の文書管理の見直しを進めてきた政府は8日、ガイドライン改正案を諮問機関の公文書管理委員会(委員長・宇賀克也東京大教授)に提示した。意思決定過程の検証に必要な文書の破棄防止に効果が上がるかが最大の焦点だ。ただ、省庁間協議の文書には、双方のすり合わせで都合の悪い事実が記録されなくなるとの指摘も出ている。【青島顕、遠藤修平】

 ガイドラインは公文書管理法に基づき、政府が各省庁に文書の取り扱いについて示す指針。改正のポイントの…

この記事は有料記事です。

残り2230文字(全文2480文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  2. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  3. 富田林逃走 左のふくらはぎ入れ墨の絵柄を公表 大阪府警
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです