メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャーナリズムウオッチ

曲がり角の選挙報道 有権者に有益な情報を=山田健太

 選挙期間中の報道に必要なのは、有権者の投票行動に資する情報を伝えることだ。昨年までの国政選挙では、2014年の衆院選直前に自民党が政治的公平性を要請したことを受けて放送局が萎縮したことなどもあって、放送時間が短かった。今回の衆院選は、突然の解散で短期決戦になったことや新党創設もあって、前回に比べて選挙関連の放送時間が増えたことが報告されている。では中身はどうだったか。

 選挙報道は大まかに言って(1)候補者・政党の情勢報道(当落・獲得議席予想)、(2)注目選挙区の候補…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1085文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです