メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィリピン

南沙諸島に施設整備 来年1月にも

記者団の質問に答えるフィリピンのロレンザーナ国防相=マニラで8日、AP

 【ダナン(ベトナム中部)西脇真一】フィリピンのロレンザーナ国防相は8日、南沙(英語名・スプラトリー)諸島で実効支配するパグアサ(英語名・ティトゥ)島で、来年1月にも島の施設整備を始めると明らかにした=写真・AP。フィリピンメディアが伝えた。実効支配強化のため4月に計画を決定したが、天候悪化や契約交渉が長引き着工が遅れていた。

 10日からフィリピンで始まる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議で、南シナ海での紛争防止に向けたASEANと中国による「行動規範」の枠組みが確認される。このタイミングでの比国防相の発言に中国は反発を強めそうだ。ただ、ロレンザーナ氏によると、パグアサ島そばの砂州に構築物を設置する計画は、ドゥテルテ大統領の指示により中断しているという。

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです