連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

口腔がん 進行前に発見を

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
白い斑点が口腔がんの初期症状=柴原孝彦さん提供
白い斑点が口腔がんの初期症状=柴原孝彦さん提供

 舌など、口の中にできる口腔(こうくう)がんはあまりなじみはないが、進行した状態で見つかることが多く、国内では年間約7400人が死亡している。早期に発見すれば、死亡率は低くなるだけに、口腔外科の専門家は定期的な口腔がん検診を勧めている。

 ●胃より高い死亡率

 口腔とは口の中全体を指す。口の中にある舌や歯肉、頬の粘膜や骨などにできるがんを口腔がんという。中でも舌にできやすい。

 最大の特徴は、死亡率が高いことだ。口腔がんの死亡率(約46%)は胃がん(約39%)や乳がん(約19%)よりも高い。口腔がんに詳しい奥羽大歯学部の高田訓教授(口腔外科)は、死亡率が高い理由について「がんが進行した状態で受診するケースが多いからだ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1850文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集