メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

口腔がん 進行前に発見を

白い斑点が口腔がんの初期症状=柴原孝彦さん提供

 舌など、口の中にできる口腔(こうくう)がんはあまりなじみはないが、進行した状態で見つかることが多く、国内では年間約7400人が死亡している。早期に発見すれば、死亡率は低くなるだけに、口腔外科の専門家は定期的な口腔がん検診を勧めている。

 ●胃より高い死亡率

 口腔とは口の中全体を指す。口の中にある舌や歯肉、頬の粘膜や骨などにできるがんを口腔がんという。中でも舌にできやすい。

 最大の特徴は、死亡率が高いことだ。口腔がんの死亡率(約46%)は胃がん(約39%)や乳がん(約19%)よりも高い。口腔がんに詳しい奥羽大歯学部の高田訓教授(口腔外科)は、死亡率が高い理由について「がんが進行した状態で受診するケースが多いからだ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです