メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

ゲノム編集、RNAでも 米研究所チームが発表

 <ピックアップ>

 生物の遺伝情報を精度良く改変できる「ゲノム編集」で、DNA(デオキシリボ核酸)を対象にするのではなくRNA(リボ核酸)を狙って改変する新しい技術を開発したと、米ブロード研究所の研究チームが米科学誌サイエンスに発表した。ヒトを含む哺乳類の細胞に使えるという。

 ゲノム編集は、DNAの狙った場所を切断するなどして、異常のある遺伝子の機能を止めたり、変化させたりする技術。現在広く使われている「クリスパー・キャス9」は、DNAの狙った部位を「案内役」のRNAが探し出し、「キャス9」という酵素が切断することで遺伝子を改変する。

 DNAは遺伝子の保存などを担う一方、RNAは、DNAから必要な情報をコピーして受け取り、細胞内でた…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです