長時間労働

「背景に管理者の意識」 NHK記者母、過労死撲滅訴え 都内でシンポ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NHK記者だった佐戸未和さんの過労死について、シンポジウムで語る母の恵美子さん=東京都千代田区で2017年11月8日午後5時7分、手塚耕一郎撮影
NHK記者だった佐戸未和さんの過労死について、シンポジウムで語る母の恵美子さん=東京都千代田区で2017年11月8日午後5時7分、手塚耕一郎撮影

 過労死や過労自殺を防ぐためのシンポジウム(厚生労働省主催)が8日、東京都内であり、2013年に過労死したNHK記者、佐戸未和さん(当時31歳)の母恵美子さん(68)=東京都=ら遺族5人が講演した。恵美子さんが名前を公表し、講演するのは初めてで、約400人を前に長時間労働の撲滅を訴えた。

 佐戸さんが心不全で亡くなる直前1カ月の…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文394文字)

あわせて読みたい

注目の特集