メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本駅ビル

新ビル、概要発表 JR九州

 JR九州は8日、2021年春の開業を目指す熊本駅(熊本市西区)の新駅ビル開発概要を発表した。商業店舗面積は3万7000平方メートルで、同社が手がける駅ビルで博多に次ぐ2番目の規模になる。青柳俊彦社長は記者会見で「政令市にふさわしい駅ビルをつくり、我々がにぎわいを創出したい」と話した。

 新駅ビルは当初の14階建てから12階建てに変更したが、ビルの高さ(60メートル)は…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです