メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

初期費最低300億円台 住民投票時から半減

大阪市の特別区区割り案

 大阪市を廃止し特別区を設置する「大阪都構想」の制度素案を巡り、府市は9日午前の法定協議会(法定協)に、4か6の特別区に再編した4案の財政シミュレーションや移行に伴う初期費用を提示した。初期費用は民間ビルの賃借を組み合わせた庁舎整備により、最も低コストの場合は2015年の住民投票時の案から半額程度の300億円台にまで圧縮する一方、再編に伴う財政効果の全体額は明らかにしなかった。

 提示案は、既存の庁舎やアジア太平洋トレードセンター(ATC)など民間ビルの活用を含めて新庁舎の必要面積を算出。執務室の面積が不足する区は、民有地買収を前提とした新庁舎建設案と民間ビル賃借案の経費を試算した。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです