米中首脳会談

商談「28兆円規模」中国貿易圧力回避狙う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】米ブルームバーグ通信は8日、中国・北京で行われる米中首脳会談に際し、両国の企業が2500億ドル(約28兆円)規模の商取引や投資を成立させると報じた。トランプ大統領は貿易赤字削減に強いこだわりを示しており、中国側には巨額取引をアピールすることで圧力をかわす狙いがありそうだ。

 報道によると、中国企業が購入するのは、資源・エネルギー分野を中心に、半導体や重機、畜産…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集