メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オオハクチョウ

ハート形描く 北海道に冬の使者到来

ハートのような形に顔を近づけ、寄り添うオオハクチョウ=北海道新ひだか町の静内川の河口付近で

 北海道新ひだか町の静内川の河口付近に、今年も冬の使者のオオハクチョウが姿を見せた。越冬する群れの中には、ハートのような形に顔を近づけ、寄り添う2羽の姿も見られた。

     付近は水深が浅く真冬でも川の水が凍らないため、越冬に適している。道の鳥獣保護区に指定され、「白鳥ふれあい広場」も整備されている。

     オオハクチョウの飛来は毎年12月ごろから本格化し、シベリアに渡る2月ごろまで羽を休める。この期間には、躍動感ある写真を撮ろうと、多くの写真愛好家も訪れ、シャッターチャンスを狙う。【福島英博】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 和田正人&吉木りさが結婚発表 “いい夫婦の日”に婚姻届提出「笑顔のたえない家庭を」
    2. 上野動物園 「シャンシャン」12月19日お披露目
    3. WEB CARTOP 最近のクルマがスペアタイヤを積まない理由とは?
    4. ORICON NEWS 今度はサザエさんが高校生に マスオが一世一代の公開告白
    5. プロ野球 京大出身の田中英が引退 大手商社へ就職

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]