メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オオハクチョウ

ハート形描く 北海道に冬の使者到来

ハートのような形に顔を近づけ、寄り添うオオハクチョウ=北海道新ひだか町の静内川の河口付近で

 北海道新ひだか町の静内川の河口付近に、今年も冬の使者のオオハクチョウが姿を見せた。越冬する群れの中には、ハートのような形に顔を近づけ、寄り添う2羽の姿も見られた。

     付近は水深が浅く真冬でも川の水が凍らないため、越冬に適している。道の鳥獣保護区に指定され、「白鳥ふれあい広場」も整備されている。

     オオハクチョウの飛来は毎年12月ごろから本格化し、シベリアに渡る2月ごろまで羽を休める。この期間には、躍動感ある写真を撮ろうと、多くの写真愛好家も訪れ、シャッターチャンスを狙う。【福島英博】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    2. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
    3. タクシー 乗務員への悪質行為にイエローカード 北九州
    4. 青森・横浜 イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑
    5. 台湾地震募金デマ 募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]