特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

流失のえびす像再建へ 復興のシンボルに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
津波で流失した2代目のえびす像=五十鈴神社提供
津波で流失した2代目のえびす像=五十鈴神社提供

 東日本大震災の津波で流失した宮城県気仙沼市の神明崎のえびす像を再建しようと、市民有志が建立委員会をつくり、準備を進めている。大漁や航海安全を祈願するえびす像は、昭和初期から長年「おえびすさん」と呼ばれ、地元の人々に親しまれていた。有志らは「像の再建を気仙沼の復興のシンボルにしたい」と意気込んでいる。【新井敦】

 えびす像は、初代が1932年に漁業関係者や地元の人たちによって建てられた。しかし、太平洋戦争中、軍事物資の不足を補うための金属類回収令を受け、政府に供出された。その後、2代目が地元の五十鈴神社関係者ら有志の協力で1988年に復元されたが、震災の津波で再び姿を消した。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文554文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集