赤目四十八滝ライトアップ

闇夜に浮かぶモミジ、カエデ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれる赤目四十八滝渓谷=三重県名張市内で2017年11月1日、大橋公一撮影
ライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれる赤目四十八滝渓谷=三重県名張市内で2017年11月1日、大橋公一撮影

 紅葉シーズンを迎えた赤目四十八滝渓谷(三重県名張市)がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれている。イロハモミジやカエデ類が闇に浮かび、秋深まる日中とは違った空間が楽しめる。

 7回目となる今回は、昨年より照明の数を増やし、夜の渓谷を華やかに演出。照明が当てられた木々は赤青黄とランダムに色が変わり、遊歩道には竹筒…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集