夫婦別姓

サイボウズ社長「選択できず不利益」国を提訴へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
夫婦そろって「夫の氏」「妻の氏」のいずれかを指定する必要がある婚姻届
夫婦そろって「夫の氏」「妻の氏」のいずれかを指定する必要がある婚姻届

 日本人と外国人との結婚では同姓か別姓かを選べるのに、日本人同士の結婚だと選択できないのは「法の下の平等」を定めた憲法に反するとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(46)ら2人が、国に計220万円の損害賠償を求め、来春にも東京地裁に提訴する方針を固めた。代理人弁護士によると、法律婚した男性による夫婦別姓訴訟は初めて。

 青野さんは、旧姓の「青野」で経営者としての信頼を築き、サイボウズは2000年に東証マザーズ上場。翌01年の結婚時に妻の姓を選択してからも旧姓を通称として使ってきた。しかし、所有していた株式の名義を戸籍上の姓に書き換えるのに約81万円を要した。「働き方が多様になった方が働きやすくなるのと同じで、姓も選択できる方が生きやすさにつながるはず」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文645文字)

あわせて読みたい

注目の特集