メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望共同代表選

小池路線是非が争点 玉木、大串氏届け出

希望共同代表選候補のスタンス

 希望の党の共同代表選が8日告示され、玉木雄一郎(48)、大串博志(52)両衆院議員が立候補した。玉木氏が小池百合子代表(東京都知事)に近い細野豪志元環境相ら結党メンバーの支援を受けて小池氏の路線を引き継ぐ姿勢なのに対し、大串氏は立憲民主党など民進系の再結集を目指す。小池路線継続の是非が争点になる。

 玉木、大串両氏は届け出後に共同で記者会見した。玉木氏は憲法9条改正について「自衛権の制約を明記する改正論はあっていい」と前向きな姿勢を示したが、大串氏は「改正は不要」と明言。安全保障関連法についても玉木氏が「根っこから全部廃止するのは現実的ではない」と事実上容認し、大串氏は「容認しない立場を明確にする」とした。

 野党連携でも立場が分かれた。玉木氏が「希望のカラーを明確にすることが最初だ」と主張したのに対し、大…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文860文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです