メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米テキサス乱射

銃で応戦住民「ヒーロー」規制反対に勢い

事件現場の教会前で記者会見する捜査当局者=米南部テキサス州サザーランドスプリングスで2017年11月7日、長野宏美撮影

 【サザーランドスプリングス(米南部テキサス州)で長野宏美】「やはり、自衛のための銃は必要だ」。米南部テキサス州の教会で5日に発生した銃乱射事件で、デビン・ケリー容疑者(26)は、反撃に出た住民との銃撃戦と追跡劇の末、自殺に追い込まれた。地元住民も捜査当局者も「応戦した住民はヒーロー」とたたえており、銃規制反対論の追い風となっている。

 米メディアによると、教会近くに住む全米ライフル協会(NRA)の元教官、スティーブン・ウィルフォードさん(55)は、銃声を聞いてライフルを手に、靴も履かず外に飛び出した。教会から逃げるケリー容疑者と撃ち合いになり、容疑者は脚と胴部に1発ずつ被弾。ライフル銃1丁を落としたまま、車で逃走した。

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 「スーパーフレア」の観測に成功 大規模な恒星表面の爆発現象 京大など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです