メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会計検査院

税金無駄遣い874億円 16年度

 会計検査院は8日、税金の無駄遣いや不適切経理などが計423件・874億円に上ったとする2016年度決算の検査報告を安倍晋三首相に提出した。指摘された件数、金額ともに過去10年で最少。指摘額が1000億円を下回るのは06年度(310億円)以来。使われずに積み上がった余剰資産への指摘が少なかったことなどが要因という。【島田信幸、松浦吉剛】

     前年度は、預金保険機構が管理する資金のうち1兆円超が使われる見込みがないと認定されたこともあり、指摘額を過去2番目の多さに押し上げた。こうした余剰資産の洗い出しに検査院が力を注ぐ中、解消も進み、16年度は独立行政法人・中小企業基盤整備機構が保有する政府出資金32億円1件にとどまった。

     指摘のうち、法令違反に当たる「不当事項」は333件(前年度比12件減)で137億円。改善を求める「処置要求」と「意見表示」は28件(同15件減)で258億円だった。今回、国会からの要請に基づく学校法人・森友学園への国有地売却手続きの検査は含まれていない。

     省庁別では、前年度と同じく厚生労働省の135件が最も多く、文部科学省50件、農林水産省34件と続いた。

     指摘額が最も大きかったのは、国土交通省が15、16年度に8都府県15市区町の道路整備など公共工事に交付した269億円。各自治体は計640件で誤った入札手続きをしていた。

     入札には最低制限価格の範囲内で最も低い金額を示した業者を落札者とする方式と、価格以外に業者の技術などを総合評価して落札者を決める方式があり、併用は認められていない。ところが、640件の入札では、総合評価が最も高い業者が、誤って併用された最低制限価格よりも低い金額を示したため失格になっていた。検査院の指摘を受け、国交省は総務省と連名で両方式を併用しないよう全自治体に通知した。

     このほか、海上自衛隊の誘導弾について、不具合が判明した時点で納入業者に無償で修理や交換を要請できる期間を過ぎたため、調達額9億円分の誘導弾が使えない事態になっていた。また、日本年金機構の155年金事務所を調べたところ、14~16年度に国民年金保険料の未納者への適正な督促や徴収などを怠ったため、未納保険料と延滞金が計5億円に上った。うち約4割が時効を迎えており、徴収は不可能になっていた。

    指摘が多かった省庁と主な事例

    省庁名    指摘金額  件数       指摘事例

    国交省   384億円  30件 269億円を交付した23自治体の公共工事契約640件で、入札手続きにミス。本来の落札者が失格になる

    農水省   157億円  34件 水産施設の衛生管理を国際基準に高める水産庁の補助事業で、72事業のうち予定通り進んだのは12事業のみ

    厚労省    80億円 135件 日本年金機構が遺族年金の受給資格喪失の確認を怠り、今年5月までに計約1000人に18億円を過払い

    経産省    62億円  14件 中小企業基盤整備機構の共済制度で、掛け金を前納者に戻す際の利率を年6%相当から年1%相当に見直し

    内閣府    30億円  20件 警察庁が2009年度に7県警に配備したDNA型鑑定用の機器計14台(9782万円)が使用されず

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 野党第1党、枝野氏の戦い(その1) 目指した議席は「20」
    2. 北朝鮮 金正恩氏、暗殺恐れ専用車乗らず レクサス搭乗か
    3. 北朝鮮船 船員逮捕 激しい抵抗、緊迫の港 
    4. 名古屋 高層ビル群に虹のアーチ 
    5. 民進 解党検討 大塚代表、12日に提案へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]