オスプレイ

重大事故率3.27に上昇 17年度末

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オスプレイ=北海道大演習場で2017年8月18日午前11時23分、梅村直承撮影
オスプレイ=北海道大演習場で2017年8月18日午前11時23分、梅村直承撮影

 防衛省は8日、米海兵隊の垂直離着陸輸送機オスプレイの重大事故率が米会計の2017年度末(9月末)時点で3.27に上昇し、海兵隊機全体の事故率(2.72)を上回ったと発表した。1年で3件の重大事故が相次ぎ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備が始まった12年以降では最高となった。

 防衛省によると、オスプレイの重大事故率は昨年9月末時点で2.62で、海兵隊機全体の2.63を下回っていた。しかし、沖縄県名護…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

ニュース特集