メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
COP23

米パビリオンは異例の「欠席」

例年、大勢の来場者でにぎわう米政府のパビリオン=2015年のCOP21で、全国地球温暖化防止活動推進センター提供

 【ボン五十嵐和大、久野華代】ドイツ・ボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)の会場に米国政府がパビリオンを出さない異例の事態となっている。米側は理由を明らかにしていないが、参加者の間で「地球温暖化対策への予算をカットするトランプ政権の姿勢が表れている」と批判が強まっている。

 一方で米国の企業や州などによるパビリオンが建設中で、米国内でも「トランプ抜き」で温暖化対策が進む現…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文742文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです