連載

週刊テレビ評

報道やドラマ、バラエティーまで5人の識者がテレビを読み解きます。

連載一覧

週刊テレビ評

「きょうの料理伝説60」 成長し続ける長寿番組=田中里沙

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NHK「きょうの料理」が11月4日に、放送開始60周年を迎えた。日本のテレビ史の大半を占める年月であり、番組の趣旨や制作のノウハウをどのように継承してきたのだろうかと想像しながら、Eテレ「きょうの料理伝説60」(再放送11日深夜0時25分)を見た。1957(昭和32)年の初回の調理メニューはカキのカレーライス。意外な印象を受けたが、当時はいかにバランスよく栄養を取るかが大事な時代であり、洋食への憧れもあったので、練りに練られた一品だったのだろう。初期の名物企画には「若さをつくる食事」「しわのできない食事」もあった。今日では実現が難しそう。

 1700人超の講師は、家庭の主婦を代表する奥様先生から、有名ホテルの料理長、料亭の料理人まで多彩かつ個性的な方々で、番組の財産だ。時間内に料理を完成させるため、鍋を差し替え、映らないところで奮闘する「妖精さん」たち。職人技のリレーが光る。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1059文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集