がん患者

治療前に精子凍結を 抗がん剤投与後に保存、2割 情報の周知課題 厚労省研究班

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 男性のがん患者が治療後に子どもを持てるようにする精子の凍結保存について、厚生労働省の研究班が初の全国調査の結果をまとめた。2015年度には少なくとも820人が保存を希望し、うち2割は凍結保存の前に抗がん剤治療を受けていた。

 がん治療は精子をつくる機能を低下させるなど男性不妊の原因になることがあり、日本癌治療学会は指針で抗がん剤治療前の精子凍結保存を推奨している。研究班は治療する医師や国民への周知の必要性を指摘している。

 調査は昨秋、全国の大学病院や不妊治療を行う医療機関695施設を対象に実施し、約半数から回答があった。15年度に施設に凍結を依頼した患者820人のがんの内訳は、白血病・リンパ腫が383人▽精巣腫瘍237人▽肉腫・軟部腫瘍46人--など。73人は無精子症などのため凍結できなかった。年齢は10~30代が多かった。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文740文字)

あわせて読みたい

注目の特集