メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マガン

冬の使者、朝焼けの空舞う 大崎・田尻の蕪栗沼 /宮城

日の出に合わせるようにエサ場へ向かうマガンの群れ=大崎市田尻で

 冬の使者、マガンが県内の沼や田畑を飛び交う季節になった。

 9日朝、大崎市田尻のラムサール条約登録湿地、蕪栗(かぶくり)沼。濃い群青色の空が少しずつ赤みを帯びたころから、寝ぐらにしている湿地で「グァー」「グァー」と大きな声をあげていたマガンたちが、日の出の10分ほど前に一斉に飛び立った。朝焼けの空を…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです