メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

パンポン 工場の遊び、「競技スポーツ」に発展 /茨城

 「パンポン」と呼ばれる球技がある。大正時代に日立製作所の工場で誕生した「遊び」が、今では競技規則が整備された「スポーツ」に変容した。日立市では毎年、市民参加型の大会が開催されるほど幅広く親しまれている。2019年の茨城国体でデモンストレーションスポーツに選ばれた「パンポン」の魅力を探ってみた。

 訪れたのは日立市幸町3の日立製作所日立事業所。敷地内のアスファルト舗装された路面に、幅4センチの白線で縁取られたパンポン専用コート(縦7メートル、横2・5メートル)がいくつも並んでいるのが目に留まった。全国の事業所や工場にも同じようなコートがあるという。

 午後0時15分、45分間の昼休みが始まると、昼食もそこそこに、厚さ1センチ前後の板で手作りした木製…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです