ららぽーと

安全祈願祭 沼津に19年秋開業予定 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三井不動産(東京都中央区)は9日、沼津市東椎路の現地で「(仮称)三井ショッピングパークららぽーと沼津」開発の安全祈願祭をした。2019年秋開業予定。沼津市には郊外型大規模商業施設がなく「サントムーン柿田川」(清水町)や「イオンタウン富士南」(富士市)に客が流れている。ららぽーと沼津開業で県東部の商業情勢は一変する。

 現地はJR沼津駅西約2・5キロの国道1号北側。12万1300平方メートルの敷地に立体駐車場を含めて延べ床面積約17万2000平方メートルの3階建て店舗を建てる。詳細は未定だが、店舗面積約6万平方メートル、テナント数約200店、駐車場台数約3500台、雇用約3000人を見込む。県内のららぽーとは、ららぽーと磐田(磐田市)に次ぎ2カ所目。三井不動産の小島浩史・リージョナル事業部長は「地域のみなさんに…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文635文字)

あわせて読みたい

注目の特集