ニホンカモシカ

避難の「ムサシ」死ぬ 田辺で飼育、紀伊半島豪雨で富山に /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
元気だったころのニホンカモシカ「ムサシ」=富山市提供
元気だったころのニホンカモシカ「ムサシ」=富山市提供

 田辺市熊野(いや)の観光施設「大塔かもしか牧場」(休止中)で飼育されていたニホンカモシカ「ムサシ」(雄、18歳)が、2011年の紀伊半島豪雨以降、避難を続けていた富山市ファミリーパークで今月3日に死んだ。田辺市が9日発表した。

 11年9月の紀伊半島豪雨で、かもしか牧場の管理事務所は濁流に流された。飼育舎は被害を免…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

ニュース特集