メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

霧島温泉郷(鹿児島県霧島市) 多彩な泉質 情緒あふれ /福岡

 源泉数全国2位、湧出(ゆうしゅつ)量全国3位の温泉県・鹿児島。県中央部に位置する「霧島温泉」(霧島市)は、硫黄泉や二酸化炭素泉など多彩な泉質が楽しめ、市全域に約100の温泉施設がある。

 「霧島温泉郷」「霧島神宮温泉郷」「妙見・安楽温泉郷」「日当山温泉郷」の四つの温泉郷がある霧島温泉の中心が霧島温泉郷エリア。標高600~850メートルに位置し、湯煙がただよう情緒あふれる温泉街だ。

 周辺では集客のためのユニークな取り組みも。3年前に始まった「きりしまゆ旅」は、霧島市内とえびの高原(宮崎県えびの市)にある温泉施設71カ所を巡るスタンプラリー。訪れた施設数に応じて「序の口」(12カ所)、「大関」(60カ所)など番付が上がり、昇進の際に認定料500円を払うと、タンブラーや扇子などがもらえる。71カ所全てを回った「横綱」の記念品は、屋久杉製の認定証と特製の前掛けだ。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです