メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

大筋合意 米復帰前提で一致 保護主義包囲網拡大

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は9日、交渉開始からわずか半年で11カ国の協定(TPP11)の大筋合意に到達した。米国離脱で一時漂流の危機に直面したが「将来的な米国復帰」にTPP枠組み維持への活路を見いだした。急ピッチで議論が進んだ背景には「米国第一主義」を掲げるトランプ政権に通商政策の変更を促したい思惑もあった。

 TPPは2016年2月に12カ国で合意したが、今年1月に米国が離脱。12カ国の国内総生産(GDP)…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは110.38 GPファイナル

  5. 名古屋・小5いじめ 同級生への支払いは20万円 保護者説明会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです