メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

大筋合意 米復帰前提で一致 保護主義包囲網拡大

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は9日、交渉開始からわずか半年で11カ国の協定(TPP11)の大筋合意に到達した。米国離脱で一時漂流の危機に直面したが「将来的な米国復帰」にTPP枠組み維持への活路を見いだした。急ピッチで議論が進んだ背景には「米国第一主義」を掲げるトランプ政権に通商政策の変更を促したい思惑もあった。

 TPPは2016年2月に12カ国で合意したが、今年1月に米国が離脱。12カ国の国内総生産(GDP)…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1114文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです