メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

米中首脳会談 協調アピール、本音は

 【北京・高本耕太、河津啓介】9日行われたトランプ米大統領と習近平国家主席の首脳会談では、両国の協調が演出される一方、北朝鮮問題などで思惑のすれ違いも浮き彫りになった。トランプ氏が目先の具体的成果を求めるのに対し、習氏は長期的な大国関係構築を目指しており、戦略の違いが背景にある。

トランプ氏 目先の成果渇望

 トランプ氏は米中企業経営者らとの会合の冒頭、北朝鮮問題に言及。「中国はこの問題を容易に、そして即座に解決できる」と述べ、経済・外交面で北朝鮮に強い影響力を持つ中国に踏み込んだ対応を求めた。

 米政府も、北朝鮮の核・ミサイル開発の資金を断ち、孤立化を図る経済制裁は「効力を発揮するまでには一定…

この記事は有料記事です。

残り1304文字(全文1602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです